フィリア

先日SNSで見つけて
一目惚れして即決

お取り置きしてもらっていた
癒しと幸せを運んでくれる妖精さんのフィリア
やっとサロンに迎えることができました✨

作家さんがインスピレーションで作るため
同じものは二つとないそうです

世界に一つのわたしだけのフィリアに出会ってしまいました
かわいくて癒されます♬

フィリア作家minaさんのギャラリーはこちら→minne.com/@fairy-firia

フィリア

木のエネルギー

よくセラピストは
お客様から
良くも悪くも『気』を頂いてしまうと言うのですが、
あくまでも
その気を大地に流す
パイプのような役割でありたいと思っています。

木も同じなのかなぁと
ふと感じることがあります。

人間の生活を何年も何十年も何百年も見守りながら
私たちが出す
不安や憎悪や妬みなんかの悪い気を吸って
大地に流してくれているんじゃないかしら?

しかも
悪いものを流すだけでなく、
吸った気を
酸素とかマイナスイオンとかに変えて
わたし達に活きるエネルギーを与えてくれているような

森林浴したり
木に触れたりすると
こころがすっきりして
木のエネルギーってすごいなあと思います。

木のエネルギー

ていねいに生きる

先日のマフィン教室では、まず
「いのちをいただく」というお話を
全員で朗読しました。
生きているものの
まさしく『命』をいただいているんですから
いただくこちら側は
そのいのちを大切に、感謝して
食べなきゃいけないなぁと
今さらですが考えました。

そして、
生活していく
いろいろな場面でのキーワード
「ていねいに」

コーヒーを淹れるという
一つの場面をとっても
イライラして雑に淹れたコーヒーより
心を落ち着かせて
ていねいに淹れたコーヒーは
全然おいしい。

自分が食べる食材も
ていねいに選ぶ

電子レンジのボタンひとつとっても
ていねいに
気持ちを込めて押すと
出来上がりがちがってくるとか。

食べてもらう
大切な人のことを思いながら
お料理したら
いつもよりていねいに
美味しく作れるはず。

久しぶりに会った
おばあちゃんが作ってくれたご飯は
特別なものは何もなくても
おいしいって、
きっと
私のためを思って
作ってくれたからなんだろうな。

ひとつひとつは
小さなことかもしれないけれど
その小さなことをていねいにやっていく積み重ね。

つまりは
自分や周りの人たちを大切にして
ていねいに生きるって
ことだとおもう。

マフィンの作り方だけでなく
そんなことを気づかせてくれた
先生ありがとうございました。

マフィン教室

先日、お友達が開催するマフィン教室に参加してきました!

「こころをていねいにつかうマフィン教室」

卵や牛乳など動物性の材料を使わないでつくるベジマフィンの作り方を教えてもらいました。

とっても簡単なのに、すごく美味しい。

甘さ控えめで優しい味です。

抹茶やココアパウダーで簡単にアレンジできて

ジャムやフルーツをトッピングしたり

教室に参加した他の参加者さんたちと一緒に

基本のマフィンからオリジナルのレシピまで

和気あいあいと楽しい時間を過ごしてきました。

マフィンの作り方のほかにも

いろいろな気づきをあたえてくれる時間でした。

その気づきについては、また後ほど触れさせていただきたいと思います。

写真は、生地にココアパウダーとマッシュしたバナナを練り込んだお気に入りレシピ

ベジマフィン

 

魔法の言葉

あちこちに行っては
そこでキレイな落ち葉🍁とか松ぼっくりとか石コロとか
海辺に行けば貝殻なんかを拾って来ます。

ビーチを散策しながら
すれ違った現地のオジさんは
私が貝殻を拾っているのを見て
両手いっぱい貝殻を集めて持ってきてくれた
言葉は通じなくても
人の優しさってうれしいですね。

だから
どこへ行っても
必ず一番最初に覚えて
たくさん使ってくる言葉は
「ありがとう」

サンキュー!でもたいていは伝わるんですが
やっぱりその国の言葉のほうが
気持ちが伝わると思うんです。

「ありがとう」は
みんなを笑顔にしてくれる
魔法の言葉
言ってる自分ももちろん笑顔
貝殻のオジさんも満面の笑顔

サロンのディスプレイテーブルは
時期も国籍も
いろんなものがごちゃまぜになった
プライスレスなお土産でいっぱいです

みんなの笑顔も一緒に飾ってます♪

IMG_3276