お天気と自律神経

e1e070ab28759816d63e68667f0cdd0b_s

気温が急激に上昇して汗ばむ陽気になったり、突然の夕立や雷雨があったかと思うと、曇りや雨で肌寒くなったり。気候の変化が激しい時期です。梅雨入りも間近に控え、ますますお天気が不安定になります。お天気が悪いと気分が乗らない、体が重い、疲労感が出やすいという人も多いのではないでしょうか?体調不良には天気(気圧)と自律神経が関係しています。

「1気圧」の時は「1の力」で全身が大気から常に押されている、という状態となっているのですが、気圧が低下すると大気が全身を抑えつけている力が弱まるので、体は膨張します。

この膨張によって血管やリンパの流れる勢いも低下するため、平時より全身の血行不良を起こし、肩こり・腰痛や体調不良の一因となります。つまりは、低気圧=血流・リンパ循環不良→体調不良 となるわけです。

自律神経には「交感神経優位」の状態と「副交感神経優位」の状態があります。

お天気が良く高気圧の時は、人間は自分の意思では制御できない部分で交感神経が優位となり、

・血圧、血糖、心拍上昇

・精神の興奮、高揚、不眠、意欲の向上

・分泌、排泄機能の低下など、

「エネルギーの活性化・活動状態」となります。

また、強い光や良い天候は交感神経に働きかけて、セロトニンと呼ばれる、生体リズムを整え精神を安定させるホルモンの分泌を促し、人間の心と体を覚醒させるのです。

それに対して曇りや雨の低気圧の時は、副交感神経が優位となり、

・血圧、血糖、心拍低下

・疲労感が出やすい、意欲低下

・分泌、排泄機能活性化

・食欲増加、消化吸収促進

・心身のリラックス状態のような

「エネルギー蓄積」に向いた状態となります。

天気が悪く暗い時は「副交感神経優位を助長」してしまうのです。

しかし、何でもかんでも低気圧(副交感神経優位)が悪いというわけではありません。例えばストレスや過労などで気が張り詰めているときは交感神経優位となり、この状態が長く続くと臓器機能の低下を招き、病気に掛かりやすくなります。

なにごともバランスが大切。「交感神経優位」の状態と「副交感神経優位」の状態を交互に繰り返して、心身の健康を保ちましょう。

交感神経を活性するアロマ:ペパーミント、レモングラス、ティートリーなど

副交感神経を活性するアロマ:ラベンダー、スイートマジョラム、クラリセージなど

マグカップにお湯を注ぎ、お好きな精油を2、3滴落とすと、香りが広がり手軽に芳香浴を楽しめます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中